● 卓上型(はがきサイズ)カレンダー制作

お客様の作品で、はがきサイズの卓上用カレンダーを作りましょう。

12枚の写真を送っていただければ、作成できます。
ご指定の開始月から1年間のカレンダーをお作りします。


絵画作品、写真、ペットのスナップ写真等、いろんなアイディアでお客様だけのオリジナルなカレンダーをおつくりください。
カレンダーの作成費用       − スタートプラン6000で作成 −
 

  ”どんなものができるか不安?”と思われる方でも、最初のご負担が少額で、安心な方式です。 

  1)まずスタートプラン6000で4冊を作成していただきます
    ・原稿を送っていただければ、4冊のカレンダーを6000円でお作りします
    ・制作過程では、写真から画像取り込み、画像の調整、編集作業、表紙などの作成が必要になりますが、
     この編集作業の費用と送料(郵送)を含んでおります
    ・送料込みのきっかり6000円のサービス価格です

  2)気に入っていただければ増刷の形で追加注文をお受けします
    ・増刷は1部からお引き受けいたしますので、出来上がりを見てご希望の部数をご注文ください
    ・最初からまとめたご注文もお受けします。
     例えば、当初作成を10部で注文される場合は、スタートプラン4部+増刷6部と考えてご発注ください

 
 卓上 タイプ 内容 部数 費用
(お勧め)
 マット紙
 
  
当初制作
(送料込み)
定数 4 部 6,000 -/4冊 10部作成で平均960-/冊、20部 780-/冊
増刷 1部 600 -/1冊

 光沢紙

  
当初制作
(送料込み)
定数 4 部 6,000 -/4冊 10部作成で平均1020-/冊、20部 860-/冊
増刷 1部 700 -/1冊
※ フィルムカメラ写真からのスキャナー取り込み費用は含んでおります。
※ 送料710円、総額が10,000円以上の場合は送料無料です。

※ ご指定の開始月から1年間のカレンダーをお作りします。
※ 納期は、原稿到着後10日から2週間となります。
                        

※ 注文に関しては「注文の方法」 ここ も、一度お読みください。(Fax書式、ご注意などを表示しています)

概要
< 全体イメージ >
  ・透明プラスティックケースに収納、蓋を開けて卓上に置けるようになります。
  ・前面にセットする保護用透明塩ビシートをおつけします。
   (マット紙でも光沢感のある印象になります)

 
<各月のカレンダー>
 ・1ケ月 作品1点で12ページ 
 ・当月のカレンダーと、翌月の縮小版を印刷します。
 ・下部に作品タイトルやテーマ名、あるいは企業名などを印刷できます。
 ・用紙はマット紙または光沢紙からお選びいただけます。
<表紙>
 ・カラー用紙から選べます。 上の例はフェザーワルツの「真珠」です
  ( 上品な中間色の和紙風な白い斑点模様のある用紙です )
 ・表紙にご希望のテーマ名や作成者名、あるいは企業名などを印刷できます。
< 裏から見た時



     高さ     10.5cm
     幅      15.6cm
     厚さ      0.7cm

1)表紙:  カラー用紙又は和紙 1枚
     フェザーワルツの「象牙」、「真珠」、「桜」
     あるいは和紙をご用意

2)本体カレンダー:   12枚 (マット紙又は光沢紙)

3)透明塩ビフィルム :  1枚
     透明プラスティックフィルムは保護用です
     色合いの効果と長期間使用の紙の保護の役目をします

4)透明ケース 1個
     蓋を開け、約270度回転させると卓上におけます
     厚みのあるしっかりしたケースです


5)封筒 ・・・ 白の封筒です。贈呈時にお使いください

 ・表紙裏には、お好みで説明や記事を印刷できます。
<仕様>
               上記カレンダーの詳細  → ここをご覧ください

カレンダー注文作成の流れ    
  作品集・画集の作成と同じです。
 → ここをご覧ください

印刷に使用する用紙
 マット紙または光沢紙がお選びいただけます。

 マット紙は落着いた感じの仕上りになります。費用は多少安くなります。紙の厚さは、0.23mmで、両面印刷が可能な用紙です。

 光沢紙は、つやのある写真のような感じです。紙の厚さは、0.22mmで、裏面は無地のインクジェット用紙です。

 お好みで、注文時にご指定ください。
  ・・・・   お勧めは、当工房選定の発色のいいマット紙です。

ご参考:
  仕上りの良さの最大ポイントは、画像です
  出来るだけ条件のいい場所、時間を選んで撮影ください   → 写真の撮り方


制作例: 
  制作例は、完成したカレンダーを集めている「カレンダー館」をご覧ください。 → カレンダー館